ヒーリングサロンたゆたう。をご紹介いただきました。

山梨で活躍されている画家、小野理恵さんが、ご自身のブログにて、ヒーリングサロンたゆたう。をご紹介くださいました。

理恵さんは、2016年に、ヒーリングサロンたゆたう。のモニターセッションを受けてくださいました。

当時のモニターセッションは、じっくりとカウンセリング→ヴォイスワーク→絵とメッセージを作成しお渡しするという、2時間半~3時間ほどのセッションを、無料でやらせていただいていました。

セッションで私がわくわくしてしまうのは、お客さまの、「なんかもやもやするけど、何がもやもやするのかわからない。」という状態。

なにかしら今の自分の状態に違和感を感じていらしてくださる方は、自分に向き合いたい真摯さがあるのです。

理恵さんも、そのような状態でいらしてくださいました。

カウンセリングで、じっくりと向き合ったあと、ヴォイスワークに入ります。

ここからは感覚の世界です。

一生懸命考えたことも、痛みさえ感じた感情もすべて、ため息とともに受容し解放していきます。

その先に見えてくる、本当の望み。

今までたどり着けなかった、理恵さんの言う「まんなか」に、たどり着いた瞬間でした。

以下、理恵さんのブログより

不思議なことに他では得られなかった自分の深い部分を感じることができたのです。

これが、私には大変な収穫でした。

「あなたはこうですよ」と言われるのではなく、自分で感じたというのが重要です。

自分の中心にたどりつけたことに驚き、今でも深く深く感謝しています!

このとき私は、ただ起こるにまかせ、横にいただけです。

大切なのは、理恵さんの真摯さが、理恵さん自身を真ん中へ導いた、ということ。

良くも悪くも、私は何か「現実をよくすること」をお伝えすることはありません。
それはとても儚く変わっていくものだから。

ある意味、その放置プレイ(笑)が、理恵さんが、自分に備わっている「存在の強さ」に気づくきっかけになったかもしれません。

当時のモニターセッションの感想は、今は削除しているので、見ることはできません。(理恵さん、保存しておいてくださりありがとうございます。)

誰しも、自分の転機になる出来事は起こります。
それが自分にとって大きければ大きいほど、言葉にするのは難しいものです。

理恵さん、あのときの体験を、このタイミングで言葉にしてくださり、ありがとうございます。

素晴らしい絵を描く理恵さんのブログ、ぜひ、訪ねてみてください。
ヒーリングサロンたゆたう。個人セッションについて詳しくは、以下のリンク記事をご覧ください。

当時のモニターセッションの内容でのセッションご希望の場合は、メッセージ欄に「モニターセッションと同じ内容で」と書いていたいただければ幸いです。

ヒーリングサロンたゆたう。

若年性乳がんをきっかけに悟りの道へ 自分を愛すること、スピリチュアルな世界のことをつづっています ヒーリングサロンたゆたう。主宰 山梨と首都圏でセッションしています